税理士と後腐れなく別れるには

会社にとって確定申告や税務相談・アドバイスをしてくれる税理士は必要不可欠な存在でもありますよね。
税理士を選ぶときはもちろんじっくり自分に合った人を選んだつもりでも、数年付き合っていると「あれ?ちょっと合わないかも?」と思えてくることだってあります。
また、会社の成長にともなってもう少し高レベルな税理士からアドバイスを受けたいと思うようになることだってあるでしょう。
そうなると今の税理士との契約をやめることになりますが、なかなか「ハイ、次はもう契約しません」なんてバッサリいくことは難しいですよね…。
これまでお世話になったことを感謝して、何かもっともらしい理由(これが難しいんですが)をつけられれば、比較的お互いにそう嫌な気持ちにならずに別れられると思います。
「ビジネスだから…」とクールに行くのもありなのかもしれませんが、税理士はある意味「人と人との付き合い」のお仕事ですから、感謝の気持ちを伝えることは一番大切なのかもしれませんね。
いずれにせよ、仕事の関わりだけではなくお世話になったり、親しく付き合っていた方と別れる(?)のは難しいものです。