動画撮影は簡単なのか?

デジタルカメラの進歩によって、動画撮影は非常に身近なものになってきました。
さらにスマホの進化も、こうした動画撮影をより簡単にしています。
特に最新のスマホを利用するなら、誰でも簡単に4K動画を撮影できるようになり、どこでも最高画質の動画撮影が可能になりました。
しかし撮影ができるという事と、動画撮影を上手にできるということは別の問題になります。

どのような意味でしょうか?
動画撮影を意味もなく行うという事であれば、当然理論や技術は必要とはされません。
このような状況であれば、当然子供でも動画撮影を行うことはできるでしょう。
乱暴な言い方をしてしまえば、録画ボタンを押してしまえば、誰でも簡単に撮影ができてしまいます。
しかし本来動画撮影は、きちんと構図を考えたり、さらにストーリーを決めておく必要があります。
このような事前の準備がある動画が、まさにプロの行う動画撮影になります。

実査にプロの撮影した動画と、素人の撮影した動画を比べてみると、はっきりとした違いがあります。
ただ単に子供の姿を動画撮影をするだけであれば、自分で撮影するのも良いでしょうが、一生残るような動画撮影であれば、やはりプロへの依頼が必要でしょう。